うつ病

うつ病・睡眠障害

ハート

うつ病について

うつ病は早期治療が必要です。

福岡でうつ病の患者数は年々増加しており、誰にとっても身近な病気であるといえます。
うつ病とは、自分では原因がわからなくても苦しい状態が長く(2週間以上)続きます。

​悲しい気分になる
​いつも気が憂鬱
​やる気が出ない
うつ病
このような経験ありませんか?
チェックボックス

気持ちがすぐに落ち込む

チェックボックス

体調がよくない

チェックボックス

体が重い

チェックボックス

体がだるい

チェックボックス

食欲がない

​これらの症状はうつ病の症状かと疑われます。
矢印

​ひとりで悩まずお気軽にご相談ください!

電話

092-474-1456

ハート

睡眠障害・不眠症について

睡眠障害、不眠症とは、睡眠の質が低下した状態が続き、適切な睡眠環境にも関わらず症状が現れる状態です。精神の疾患には、睡眠障害、不眠症を伴うことが少なくありません。なかでも不眠になりやすいのは、不安障害と気分障害です。
憂うつの状態が持続したり、今まで楽しかった事が楽しくない等、うつ病の疑いがございます。そのような症状が原因で睡眠障害、不眠症を発症するケースは少なくありません。慢性的な不眠症では、3分の1から半数は、何かしらの精神疾患を持っているとも言われています

不眠症
寝つきが悪い
睡眠の途中で目が覚めてしまう
明け方、早く目が覚めてしまう
あまり寝た感じがしない
このような症状はありませんか?
チェックボックス

なかなか眠れない、寝付けない

チェックボックス

​直ぐに目が覚める

チェックボックス

眠ったはずなのに眠たい

チェックボックス

睡眠をとっても直ぐに疲れる、疲れが取れない

チェックボックス

運転中や大事な時に眠たくなる

落ち込んだり憂うつな気分が続く時は一度ご相談・ご来院ください。
電話

092-474-1456

心の健康相談

社会不安障害(SAD)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、統合失調症、心身症、自律神経失調症、強迫性障害、睡眠障害、適応障害、対人恐怖、社会恐怖

​ー うつ病、睡眠障害、不眠症のご相談はお気軽に ー

心の健康相談